ネットカジノで勝てない時は勝ち方を見直そう

ネットカジノやオンラインカジノと呼ばれるインターネットサイトで行われるギャンブルは日本国内でも加速度的に人気を増してきています。
信頼性の高いネットカジノは全て海外企業によって合法的に運営されており、日本人が国内からサイトにアクセスして遊ぶこと自体に違法性はありません。

しかし現金を賭けて楽しむギャンブルである以上、その勝敗は通常のゲームとは比較にならないほどシビアに捉えられます。
ネットカジノユーザーの中にはあまりにも負けが続くことから「このカジノはイカサマをしている」と思い込んでしまう人もいるようです。

しかし基本的にネットカジノにはイカサマは存在しません。
それでもネットカジノで勝てないのであれば、それはプレイスタイルに問題があることになります。
ここではネットカジノにイカサマが存在しない理由と、どうすれば勝てない状況を脱して利益を上げられるようになるのかを解説します。

全てのギャンブルは胴元有利にできている

全てのギャンブルは胴元有利にできている
この世にある全てのギャンブルは胴元(カジノの主催者)が儲かるようにできています。
これはネットカジノに限定した話ではなくリアルカジノやパチンコ、競馬や競輪といった公営ギャンブルに至るまで全てに共通する基本ルールです。

何故なら、そもそも胴元が儲からなければカジノや競馬場といった大掛かりな「賭場」が維持できるはずがないからです。
この胴元が賭場を維持するために徴収する取り分のことを「ハウスエッジ(控除率)」と呼びます。
そして一般ユーザーの勝ちやすさ負けやすさは、このハウスエッジの比率設定によって変わってくるわけです。

たとえば宝くじやサッカーのtotoくじのハウスエッジは50%近いことでよく知られています。
これは普通に賭けても参加者の半分以上はただ損をするだけで終わるということです。

これが競馬や競輪になるとハウスエッジは25%前後、パチンコになると10~20%という設定になります。
これならば4~5回に1回は当たりを出すことができる計算になりますが、それでも連敗が続く確率が高く大抵の人は利益を出すよりも先に資金が尽きてしまうことでしょう。

一方でネットカジノのハウスエッジは1~5%という破格の設定になっています。
ネットカジノは設備維持費や人件費を極力削減できるのに加え、世界中から24時間絶え間なくユーザーを集めることができるためハウスエッジを切り詰めても十分な儲けが出せるのです。

ハウスエッジを公開してイカサマを排除している

ハウスエッジを公開してイカサマを排除している
国際的なライセンスを取得している正規のネットカジノでは、第三者機関による審査に基づいて各ゲームごとのハウスエッジを細かく開示しています。
そのハウスエッジ設定が正しいのかどうかは世界中のユーザーが毎秒ごとに身を持って証明しているわけですから、ネットカジノにイカサマの入る余地はないと断言していいでしょう。

またネットカジノで遊ぶことができるギャンブルゲームにはゲームプログラムによって動くソフトウェアタイプと、海外の映像を中継してリアルタイムで楽しむことが可能なストリーミングタイプの2種類が存在します。

ソフトウェアタイプに関しては基本的に開発会社から卸されたゲームをそのまま置いているだけなので、カジノ側で不正を働くことは原理的に不可能です。
ストリーミングタイプのゲームでは不正を働く余地は一応あることになりますが、これも先ほど述べたように世界中のユーザーが目を光らせている中でイカサマをするリスクを取る必然性がネットカジノにはありません。

これらの理由からネットカジノは数あるギャンブルの中でも特に安全で、勝敗の公平性も保たれていると言えるでしょう。

それでも勝てないなら原因は自分にある為改善

それでも勝てないなら原因は自分にある為改善
ハウスエッジが1%設定のゲームであっても何も考えずにただ賭け続ければ確率的には徐々に資金を削られ最後には破綻します。
ネットカジノで勝てないと言っている人の大半は、この賭け続ければいずれは負けるという視点を欠いていると言えるでしょう。
ネットカジノで恒常的な勝利を重ねるには資金の流れを管理してゲームを細かく区切り、早期の利確を積み上げていく根気が重要となります。

幸いなことにネットカジノというシステムは小さな勝利をコツコツと重ねていくことに非常に向いたものとなっています。
リアルのカジノや公営ギャンブルの会場ではどうしても場の熱狂に巻き込まれて冷静な計算が上手くできなくなってしまうものです。

その点、ネットカジノであれば落ち着いた空間で正確な計算をしながら自分のペースを崩さず勝負することが可能です。
マーチンゲール法に代表されるような必勝法を試すこともネットカジノでなら簡単ですので、初心者はまず「勝ち過ぎず負け過ぎない」安定した勝負を繰り返していくように心がけるといいでしょう。

ネットカジノで勝てない時こそ成長のチャンス

ネットカジノにはイカサマがなく、確率的には他のギャンブルよりも遥かに勝ちやすいと理解していたとしても、負けが込む時というのは訪れます。
そんな時はヤケになるのではなく成長のチャンスが舞い込んだと前向きに捉えるようにしましょう。

ネットカジノではより深い知識や流行を知るほどに着実に勝率を上げていくことができます。
そして新しい勝ち方を探っていく過程にもネットカジノの魅力は見つかることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*