ソフトウェアの質がカジノの信頼性を決める

チェリーカジノのソフトウェアはかなり多くの会社が参入

チェリーカジノに対してソフトウェアを供給している会社はかなり多くあります。
チェリーカジノが実質的に運営しているソフトウェア会社からもサービスを提供しているほか、他の会社とも提携してソフトウェアを受け取っています。
様々なソフトウェアを導入する背景には、オンラインカジノのゲーム数を増やしたい狙いがあります。

オンラインカジノのゲームを増やすためには、契約するソフトウェアを増やすしかありません。
ソフトウェア会社が提供するゲームというのは限られているため、限られている数字以上のソフトウェアは提供できないのです。
従ってチェリーカジノとしては、多くのソフトウェアを受け取るためにも契約を増やすことになりました。

チェリーカジノにソフトウェアを提供している会社

現在チェリーカジノにソフトウェアを供給している会社は、知られているソフトウェア会社だけでも5つあります。

・マイクロゲーミング
・ネットエント
・ユグドラシル
・エヴォリューションゲーミング
・Play’nGO

以上の5社からソフトウェアを供給され、チェリーカジノにゲームが導入されます。

マイクロゲーミングというのは、審査の厳しいソフトウェア会社であり、ソフトウェア会社としての歴史もかなり長い会社です。
大きなソフトウェア会社としても有名で、オンラインカジノ業界ではマイクロゲーミングを使っていれば安心と言われるくらい高い信頼性があります。
一方で信用されないオンラインカジノにマイクロゲーミングは供給されないため、高い信頼性を見るためにはマイクロゲーミングを確認すればいいのです。

エヴォリューションゲーミングは、ライブゲームを作っている会社です。
ライブゲームは近年注目を集めるようになり、多くの業者が参入するようになりました。
エヴォリューションゲーミングは、リアル感をしっかりと出せるようにしているほか、ゲーム自体の進行に支障が出ないなどのメリットも多数持っているため、利用しているオンラインカジノが多くなっています。
チェリーカジノでも、エヴォリューションゲーミングを信用して導入しています。

他にも小さい会社が多数入っていますが、基本的にゲーム数が多いのはマイクロゲーミングとネットエントです。
ライブゲームはエヴォリューションゲーミングを中心に展開されており、より信頼性の高いソフトウェアを導入している傾向がチェリーカジノにあります。

ネットエントとユグドラシルに期待している

チェリーカジノはマイクロゲーミングを現時点で多く導入していますが、それ以上に増やしたいと考えているのはネットエントとユグドラシルです。
この2つの会社はチェリーカジノが運営している企業によって生み出されたもので、事実上系列にあるソフトウェア会社です。
2つの会社が頑張ってくれれば、チェリーカジノには他のソフトウェア会社を利用しなくてもどんどんゲームが供給されていくようになります。
従ってチェリーカジノとしては、何とかして規模を拡大してもらうなど、しっかり頑張ってほしいのです。

オンラインカジノのソフトウェアは、開発競争が過熱しています。
オンラインカジノが増えてきたことによるソフトウェア需要が高まっているだけでなく、どのソフトウェアを使えば信頼されるのかという部分が注目されています。
多くのオンラインカジノへ供給しているプレイテックを利用するのが望ましいのか、それとも信頼性のマイクロゲーミングなのか、現在は有名な2社によってオンラインカジノはソフトウェアを受け取っている傾向にあります。

チェリーカジノとしては、オンラインカジノ以外でも稼げるところを作りたいのです。
オンラインカジノのサービス以外にも、ソフトウェア事業で稼げるようになれば安定した経営が可能となります。
オンラインカジノの経営安定化のためには、ネットエントとユグドラシルには頑張ってもらわないといけません。
特にネットエントは他のオンラインカジノでも使われるようになったソフトウェアであり、期待はかなり大きくなっています。

将来的に自社のソフトウェアだけを使うのか

チェリーカジノは他のソフトウェアを段階的に引き下げつつ、自社運営のソフトウェアを導入したいと考え、行動しているのは事実です。
ただ、マイクロゲーミングなどの信頼できる会社とのつながりは残しておきたいと考えているため、これからも外部のソフトウェアは積極的に導入されることでしょう。

オンラインカジノというのは、ソフトウェアによって信頼できるかどうかが大きく変わっていきます。
信頼できる会社と契約を切ってしまえば、信頼できないのかなと思われてしまいます。
間違ったイメージを持たれないためにも、チェリーカジノとしては安心して遊べるオンラインカジノをしっかり作り、ソフトウェアの契約はできる限り残しつつ発展を狙っているのです。

今後も信頼できる会社だけは残し続けるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*