だれしも得の無い嘘や詐欺は行わない

海外では国家が公認している正式なギャンブル

海外では国家が公認している正式なギャンブル

日本で行えるギャンブルはすべて目に見える形で行われるため、オンラインのギャンブルというものに対して危険であるというイメージを持ってしまいがちです。
しかし、それはイメージだけの話であり、実際のところオンラインカジノには危険な点はまったくありません。
運営は海外で行われているので、法律的にも違法にはなりませんし、なによりもオンラインカジノはカジノ合法国が合法と認めている正式なギャンブルです。

オンラインカジノはカジノ合法国の政府より運営を認めるライセンスを発行され運営を行っています。
この政府発行のライセンスのないオンラインカジノは、正式なオンラインカジノとして認められないので、違法オンラインカジノということになります。

オンラインカジノのライセンスを発行するカジノ合法国は、ただライセンスの発行を行うだけではありません。
オンラインカジノがどれだけ正式なギャンブルといっても、時にはプレイヤーとの間でトラブルが生じる場合もあります。
たとえば、お金が上手く払い戻されない、サポート対応に応じてもらえないなどです。
ライセンスを発行した国は、このトラブルを解決する役割も持っているので、オンラインカジノで困ったことがあった場合はそのライセンスの発行国に問い合わせることでトラブルを解決することができます。

そして、ライセンスを得るための審査は、その他のギャンブルと比べると相当に厳しく、単に資金があるというだけでは運営することができません。
これまでの会社の経営状況、運営状況、背後関係、今後の展望など多くの対象項目があり、その項目の全てをパスしなければなりません。
この審査をしっかりしておかなければ、オンラインカジノ側が不正を働いたりした場合、運営を許可した国のメンツに関わってきます。
ライセンス発行国は、将来そうした事態に陥らないようにするため、並の会社ではパスできない厳しい審査をし、オンラインカジノを運営するにあたって問題ない会社かどうかを判断します。

だれしも得の無い嘘や詐欺は行わない

また、このライセンスは運営会社のある国のものだけではなく、その他のオンラインカジノを合法としている国のものも取得することができます。
複数のライセンスを取得することにどういった意味があるのかというと、それは発行国によりライセンスの取得難易度が違うからです。
ライセンス発行国の中でもとりわけ審査が厳しく、高い信頼性を持っているのがマルタ島、ジブラルタル、マン島です。
これらの国からライセンスを取得しているということは、それだけ信頼性が高く安心して利用できるオンラインカジノということになります。

世界中のプレイヤーたちもオンラインカジノに対し安全性を求めているので、サイトにこうした審査の厳しい国の名が上がっているとプレイヤーの数も多くなります。
そのため、ライセンスを得ていながらもあえてさらに審査の厳しい国のライセンスを取得するオンラインカジノも少なくはありません。

インチキや詐欺を行わずとも利益を得られる

インチキや詐欺を行わずとも利益を得られる

オンラインカジノは一般的なギャンブルと比べてペイアウト率が非常に高くなっています。
そのペイアウト率は95%にも上り、ギャンブル業界ナンバーワンといっても過言ではありません。
しかし、ギャンブルはペイアウト率が高ければ高いほど胴元側の利益が減っていくので、ペイアウト率は高くても80%前後に抑えられています。
日本国内で利用できるギャンブルですとパチンコがそれにあたります。

オンラインカジノはこのペイアウトの高さからもインチキや詐欺を疑われてしまいがちなのですが、ペイアウト率95%でギャンブルを提供しても胴元側にはプレイヤーが使った金額のうちの5%が入ることになります。
そしてオンラインカジノは、リアルカジノと比べて維持費をかなり安く抑えることができるので、その分ペイアウト率を高くしても十分利益を得ることができるのです。
利益を得られる状態であるにも関わらずわざわざインチキや詐欺を働く必要はありません

逆にインチキや詐欺を働くことの方が高いリスクを背負うことになるので、政府からライセンスを得て正式に運営しているオンラインカジノにはインチキ、詐欺は絶対にありません。

要となるソフトウェアは別の会社が提供している

オンラインカジノの要となるのはゲームを動かすソフトウェアです。
このソフトウェア次第でそのオンラインカジノのクオリティが決まってしまいますので、どこのオンラインカジノもソフトウェアには非常に力を入れています。
ですがこのソフトウェアは運営会社が開発を行っていません。
オンラインカジノのソフトウェアはソフトウェア制作専門の会社により提供されているものです。

ゲーム自体のバグなどもそうですが、それよりも不正を働けるような隙のあるソフトウェアを制作してしまうとソフトウェア会社の存続にまで影響してしまうので、ソフトウェア会社は繰り返し何度もソフトウェアをチェックし、公平性のあるギャンブルを提供できているかどうかのチェックを行い、そのチェックをパスできたことを確認してからオンラインカジノに提供しています。

こうしたソフトウェアの面からもオンラインカジノはインチキ、詐欺のない安全なギャンブルであると言うことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*