オンラインカジノの特長と要改善点

オンラインカジノの特長と要改善点
ラスベガスに行った人の中には、カジノでルーレットやスロットで賭けたことがある人がかなりいるのではないかと思います。
あのゴージャスな空間の魅力を触れただけで、その虜となってしまうはずです。

しかし、その時のカジノの魅力をもう1度想い出してみたい人は、わざわざランドカジノに出向いて行かなくても、楽しめる方法があることをご存知でしょうか?
それはオンラインカジノというネット時代を象徴したような新たなギャンブルです。

オンラインカジノの魅力・特徴

オンラインカジノとは、今、インターネットの世界で多くの人達がハートを熱くさせているネット対戦ゲームやソーシャルゲーム・ロールプレイングゲームに近い感覚でプレイできるオンライン型の「ギャンブルゲーム」に似ています。
しかし、これらのネットゲームと決定的に異なる点は、「賭ける」、「稼ぐ」というお金の動きがあることです。
ルーレット・スロットなどのゲームで実際にキャッシュを専用コインに替えてから賭けていくにですが、ゲームで勝つこと・予想が当たることで、配当金を引き当てることも可能です。
そう、お金を増やす可能性を秘めている「ギャンブル」なのです。

オンラインカジノの魅力・特徴
また、ネット型ギャンブルとは言いながら、決して侮ることはできません。
ラスベガスのような本場カジノの「雰囲気」だけをそのままスマホなどで味わうことができるだけでなく、インターネットでお金をクレジット決済などでカジノ専用チップを替えて賭けていくことで、配当金を得ることになります。
また、スロットでは数億円レベルの配当金をゲットできるジャックポット(大当り)も用意されているので、本場カジノ顔負けと言った所でしょう。

オンラインカジノのゲーム群は、パソコン・スマホ・タブレットからでもエントリーできるので、インターネットの環境があれば、Wifiや有線ネットワークであっても、簡単に参加できてスキマ的な時間が有効に活用して参加することが可能です。
場所や時間に関係なく何処からでもカジノのゲームを本場カジノと似た感覚で参加できるからこそ、爆発的な人気を集めているわけです。
「ネット型ギャンブルであっても侮ることなかれ」と言いたいのです。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史
オンラインカジノの始まりは1990年代まで遡り、もう30年近くの歴史があります。
1990年代とは、ちょうどインターネットが低速回線ながらも本格的に一般家庭まで広がっていく時代であり、オンラインカジノもこれに呼応するように徐々に広まっていきます。
オンラインカジノ自体は、イギリス連邦加盟国のアンティグア・パーブーダという国が、オンラインカジノ運営カジノ運営ライセンス発行の法律を制定したことが起源と言われています。

1つの国がオンラインカジノの運営を事業者に許可することで、インターネット上にカジノを公開できるようになるのですが、このライセンスの法律ができてから、メジャーなマイクロゲーミング社やネットエント社といったようなソフトウエアベンダーも同時に発足して、世界に数多くのオンラインカジノが公開されるようになりました。

オンラインカジノと他ギャンブルとの違い

日本では以前から競馬・競輪・競艇を始め、宝くじやスポーツ振興くじなどの賭博遊戯がありました。
これらのギャンブルとオンラインカジノとは、何が異なるのでしょうか?
一番大きな相違点と言えば、インターネットを使って賭けることができるかどうかということでしょう。
最近でこそ、競馬でインターネットで馬券を購入したり、サッカーくじをネット購入することができるようになっていますが、リアルタイム性で考えて見ると、これらのギャンブルは実際にレースや試合が始まらないと賭けができません。

しかし、オンラインカジノは1年中、世界の何処かのカジノサイトが運営されているので、自分の好きな時のタイミングで参加することができます。
この点が従来のギャンブルと大きく異なる点と言えます。
また、スマホからエントリーできるので、通勤中や友人との待ち合わせ中でも、カフェ・バス・電車の中で参加して賭けることができるために配当金を稼ぐチャンスが自分のそばにあるということになります。
自分が参加したいと思った時にモバイル端末で、参加・賭ける・配当金を稼ぐ楽しさを手軽に楽しめることもオンラインカジノと他ギャンブルと違う点と理解することができます。

オンラインカジノにおけるペイアウト率とキャッシュフロー

違いと言うと、ペイアウト率に違いがあることも挙げられるでしょう。
ペイアウト率とは「賭け金総額/配当金総額」の比率のことで、どの程度の配当金がプレイヤーに還元されるかを示す指標です。
オンラインカジノで見ると、平均90%~95%以上の高い率を維持していますが、この率はカードゲーム・ルーレット・スロットマシンなどのゲーム全体の平均値であり、ゲームによって100%近くになるか超えるゲームもあります。
その1つがブラックジャックであり、99%以上になることは頻繁なとで、100%を超えるということも珍しくはありません。

しかし、競馬や競輪のペイアウト率は80%前後、宝くじは60%程度となっていることから、プレイヤーにとってはオンラインカジノで賭ける方が有利であると言えます。
キャッシュフローでは、他ギャンブルと比べて、条件が悪いという見方がオンラインカジノにあります。
キャッシュフローとは、「ゲームに賭ける時点でゲームに使うことができるキャッシュがどれほど残っているか」を意味している指標で、ギャンブルでは配当金はできるだけ早く現金化することが望ましいとされています。
キャッシュフローが高いと次ゲームの賭け金に使えるのですが、オンラインカジノでは、配当金を即現金化することが難しいケースが少なくありません。

カジノのサイトによっては、現金化するために色々な条件が一致しないと、すぐに資金化できないのです。
このような場合には、カジノと提携している決済サービスを併用するころでスムーズに配当金を現金化することができるので、この仕組みを上手に使いながら、オンラインカジノを楽しむことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*